お知らせ

  • ホームページをリニューアルしました!


  • 以下より新しいページへ移動してください。

    http://ichikawa1.com

    今後も、市川第1団のホームページをよろしくお願いします。

    ※このサイトは今後更新しません。

    記事一覧

    アイコンベンチャープロジェクト ~藤田君のマラソンプロジェクト~

    2011年4月にスタートした、藤田翔士君のマラソンプロジェクト。
    2012年の千葉マリンマラソンを最終目標としていましたが、元々の目標である「東京マラソンにフルマラソンで出場」を目指して、プロジェクトを継続しています。

    プロジェクト2年目の成果を確認する為、今年も千葉マリンマラソンの10Kmコースへ出場しました。

    ファイル 263-1.jpgスタートの合図を待つ10Kmコース参加者の列。
    手前が最後尾なんですが、先頭が見えません。
    藤田君は、一体どこに。。。
    ファイル 263-2.jpgゴール直前!激走する藤田君を見つけました。
    ゼッケンNO1549が藤田君です。

    ファイル 263-3.jpg今回のタイムは、ネットタイムで55分11秒。
    最近は、55分前後で安定しています。

    マラソン大会でのフルマラソン出場資格は18歳以上なので、藤田君のプロジェクトは、ベンチャー年代をフルに使った長期プロジェクトです。
    三年目に突入した、藤田君のプロジェクト。
    目標達成の為、今後もがんばって欲しいですね。

    アイコンユタカ副長へ心を込めて ~結婚祝いのケーキ作り~

    ユタカ副長とフミさんの結婚祝いも兼ねたクリスマス会で、ベンチャー隊が作ったウエディングケーキはいかがでしたか?

    マスター賞の決め手になった?とも言われるケーキの影に隠れた、ベンチャースカウトの姿を、少しだけ公開します。

    「今年のクリスマス会は、ユタカ副長の結婚祝いも兼ねて行う!」と隊長の無茶な要求がスカウトに伝えられたのが、10月の中旬。
    そこから、プログラムの検討がスタートしました。
    結婚式と言えば、ケーキ入刀は定番中の定番! 当初は、いつも通りのバームクーヘンで行く予定でしたが、山口君から「ちゃんとしたケーキを作りたい」との要望が出され、ケーキ作りプロジェクトがスタートしました。

    11月13日 試作一回目 
    先ずは、このプロジェクトのリーダーで有る山口君が一人でスポンジ作りを行いました。
    ファイル 251-1.jpgどうです、このドヤ顔。
    見事に焼き上がったスポンジを前に、この企画の成功を確信したようです・・・この時点では・・・

    11月26日 試作2回目
    この日は、カブ隊の速水さんと杉本さんにインストラクターとして参加して頂き、2班に分けて2個のケーキを作りました。

    ファイル 251-2.jpgファイル 251-3.jpg

    1個のケーキは上手く出来ましたが、もう一個のケーキが全く膨らまず、全員でスポンジを前にして検討会です。
    それぞれの作業の相違点などを確認し、次に向けての反省点をまとめて終了しました。
    この時点でも、みんな成功を確信していました・・・

    12月11日 試作3日目
    前回の反省も踏まえて、自分達の力だけで最終試作を制作します
    一度作っている事で自信にがついているのか、手際よく順調に作業が進みます。
    この日で、デコレーションも確定させるのですが、ここで思わぬ事態に陥りました。

    ファイル 251-4.jpg写真では分かりませんが、スポンジが全く膨らまず、気泡が大きくパサパサな食感で、完全な失敗となってしまいました。
    デコレーションの文字も、書けば書くほどクリームを崩してしまい、全く上手くいきません。

    教わった作り方通りにやらなかったのが大きな要因ですが、変えた箇所が数カ所有るため、どれが原因かもわかりません。
    スカウト達を重い空気が包みます・・・果たして、本番はどうなるのか? もう、練習する時間は有りません。

    12月22日~23日 クリスマス会当日
    我流でやった事を全て辞めて、教わった通りに進めました。
    その結果、思った以上の完成度。
    見事にウエディングケーキの完成です。
    ファイル 251-5.jpgこれが、ケーキカットに使ったウエディングケーキ。
    少々、不格好ですが、ベンチャースカウトの心がこもっています。

    今回のケーキ作りは、スカウト達の技能だけでは成功する事は無かったと思います。スカウトの為に時間を割いて頂いた速水さん、杉本さん。本当にありがとうございました。

    アイコンベンチャープロジェクト ~市川リバーサイド健康マラソン~

    東京マラソン出場を目指した、藤田君のベンチャープロジェクト。
    その折り返し点として、10月16日に開催された「市川リバーサイド健康マラソン」の10kmコースに、ランナーとして参加しました。

    ファイル 250-1.jpg

    当日は、朝から雨模様で天候が心配されましたが、走り出す頃には天気も回復。しかし、湿度が高く、ランナーにとっては少々過酷な条件でのレースとなりました。
    そんな中、藤田君は10kmコースを見事完走。タイムも、9月に計測を行った時よりも7分程速い、63分54秒をマークしました。

    ファイル 250-2.jpg

    応援に来たお母さんとの2ショット。二人共、とっても嬉しそうです。

    残るは、プロジェクトの最終目標で有る東京マラソン参加!と言いたい所ですが、残念ながら抽選にもれてしまった為に、
    東京マラソンへの参加は断念せざるを得なくなってしまいました・・・

    しかし、ここまでやって辞める訳には行きません!
    急遽目標を変更、1月22日開催の「千葉マリンマラソン 10kmコース」へ参加し、プロジェクトを継続する事になりました。

    スタートは、2012年1月22日 AM9:50 目標タイムは50分です。

    皆さん、是非応援に来てくださいね。

    アイコンベンチャープロジェクト ~10kmタイム計測~

    今年の4月にベンチャー隊に上進した藤田君は、東京マラソン出場を目指し、個人プロジェクトを展開中です。

    プロジェクト開始から今日までの5ヶ月間、定期的に2km~3kmのジョギングを続け、その成果確認の為に本番と同じ走行距離である10kmのタイム測定にチャレンジしました。
    果たして、成果の程は・・・

    ファイル 244-1.jpg

    走行コースは、「いちかわリバーサイド健康マラソン」の10kmコースを逆走する形で行いましたが、走行タイムは71分25秒。
    本人も納得できない様子でしたが、課題を修正し、プロジェクトの折り返し点である、10月16日開催の「いちかわリバーサイド健康マラソン」に挑みます。

    みなさん!10月16日は、藤田君の応援に来てくださいね!

    アイコン今、自分たちに出来ること  ~被災地へのタオル支援~

    東日本大震災に被災された方々への支援物資として、ベンチャースカウトの太田京介君の呼び掛けで、タオルを被災地へ贈るプロジェクトをスタートさせました。
    タオルの収集は3月19日と26日の2日間。4月2日には支援物資の集積場所へ搬送します。

    ファイル 238-1.jpg皆様から寄せられたタオルの数は予想以上。
    ベンチャー隊だけでは整理しきれず、ボーイ隊の手も借りて仕分けと梱包作業を行いました。

    ファイル 238-2.jpg集まったのは、タオル307枚、バスタオル86枚の合計393枚。
    衣装ケース6箱にもなりました。

    短期間のプロジェクトにも関わらず、皆様のご協力により多くの支援物資を集める事が出来ました。
    御提供頂いたタオルは、4月2日に集積場所である月島の倉庫へ搬入。4月10日に、スカウトからの激励の手紙と共に、被災地である石巻へ届けられました。
    皆様からのご支援に心から感謝致します。

    今回のプロジェクトは、太田京介君が韓日フォーラムやジャンボリーで知り合った仲間達と共に、自分達が今出来る事を考え、インターネットのネットワークを利用し、震災の有ったその日の内に立ち上げたプロジェクトです。
    タオル支援プロジェクトは市川一団としては一旦終了となりますが、今回のプロジェクトを立ち上げたスカウト達の活動は止まっておらず、様々な支援活動が展開されています。今後ともご協力をお願いします。

    アイコン式典奉仕 ~「ゆめ半島・千葉国体」 閉会式~

    「ゆめ半島・千葉国体」の式典奉仕隊のメンバーとして、ベンチャー隊の太田勇士君が選抜され、10月5日に千葉県総合スポーツセンター陸上競技場で行われた閉会式で、日本体育協会旗降納の副旗手として奉仕を行いました。

    ファイル 232-1.jpg任務の場所は競技場のバックスタンドに設置されたステージの最上部。
    閉会式開始の20分ほど前に所定の配置に着くのですが、そこまでの移動も一糸乱れぬ見事な動きでした。
    客席の有るメインスタンドからは、彼らの姿は米粒ほどにしか見えませんが、手抜きは一切ありません。

    ファイル 232-2.jpg「休め」の姿勢で待機。
    この姿勢のままで約1時間半、降納の時間が来るのを待ちます。
    (左側の旗の所にいる3人の真ん中が太田勇士君です)

    ファイル 232-3.jpgいよいよ降納。 国体歌「若い力」斉唱に合わせ、50秒丁度で降納を行います。
    降納の速度コントロールは副旗手の仕事で、非常に重要な役割です。

    ファイル 232-4.jpg国体歌斉唱の終了と同時に降納も完了。
    同時に降納した国体旗のと連携も見事でした。

    降納後は、再び「休め」の姿勢に戻り、閉会式が終了して選手団の退場が完了するまで、その姿勢を崩しません。

    ファイル 232-5.jpg厳しい訓練を乗り越えて、千葉県のベンチャースカウト隊の中で最も美しい「所作」を身につけたベンチャースカウト達。
    どの顔も、任務をやり遂げた充実感に満ちた表情をしていました。

    アイコン一人分でも美味しく出来る? ~食器セットを使った調理~

    ボーイスカウト用品カタログに載っている「アルミ食器セット」ですが、本来は食器ではなく、食器兼用の炊具とし作られた物なのです。
    一人用の料理を作るのに最適なこの炊具を使って、やっていそうで意外とやっていない、食器セットを使った調理を行いました。

    ファイル 1911a2.jpg支給される食材は、ニンジン,ジャガイモ,玉ねぎ,豚肉の4種類と持参した米0.5合。調味料は、塩,コショウ,コンソメ,ごま油、オリーブオイル,トマトケチャップ,カレールーの7種類。 どんな料理が出来るのか楽しみです

    ファイル 1911a2-2.jpg太田京介君はトマトケチャップをベースにミネストローネ風スープを作りました。コンセプトは「一品物の料理として満足感のある味付けを意識した料理」。

    ファイル 1911a2-3.jpg松丸尚平君は定番中の定番メニュー、カレーを作りました。「失敗しない安心感のある料理」がコンセプトです。

    ファイル 1911a2-4.jpg太田勇士君はコンソメと塩をベースにしたポトフを作りました。コンセプトは「片づけの手間がかからず、シンプルだけど美味しい料理」
     

    ファイル 1911a2-5.jpgスカウトが調理した料理は、その場にいたリーダーや保護者の方々にも試食して頂きました。
    みなさん、お味はいかがでしたか?

    今回の企画は、①必ず米を炊く事。②食材は全種類使う事。③食材を切る時はナイフを使用する事。の三つを条件にして、後はスカウトの自由に調理をさせてみました。
    新人の二人は、食器セットで調理するのは初めての経験で戸惑う事も多かった様ですが、思った以上に美味しく出来て本人達も安心したようです。
    装備の全てを自分で運ぶベンチャー活動では、非常に役に立つ事なので、これを機会に腕を磨いてくれればと思います。 

    アイコン鏡餅づくりキャンプ

    暮れも押し迫る12月27日~28日。
    市川浦安地区のベンチャースカウトの有志が集まり、鏡餅づくりキャンプを行いました。
    このキャンプは、毎年何気なく飾っている鏡餅の信仰的な意味を学び、自分達で実際に鏡餅を作る事を目的に、ベンチャースカウト達の自主的な企画により実施したものです。
    ファイル 160-1.jpgファイル 160-2.jpgファイル 160-3.jpg

    前日にもち米の仕込みを行い、朝早くから餅つきの準備に入ります。
    普段、団で行う餅つきでは、難しい部分はリーダーがやってくれますが、ベンチャーのキャンプでは余程困った事態にならない限りリーダーは助けてくれません。
    米が蒸し上がらない・・・うまく餅がつけない・・・等紆余曲折を経て、少しづつ進んでいきます。

    ファイル 160-4.jpg太田君の持っているのが完成した鏡餅です。
    ちょっと歪ですが、何とか形になりました。

    出来上がった鏡餅は各自が持ち帰り、正月の間自宅に飾ります。
    1月18日に再び各自で鏡餅を持ち寄って、ちょっと遅めの鏡開きを行う予定です。

    アイコン炊事章チャレンジキャンプ

    9月13日~14日、今川キャンプ場にてVSラウンドが主催の炊事章チャレンジキャンプが行われました。
    「これに参加すれば炊事章は完了!」と言う物では無く、課題に取り組む“きっかけ”を作る事と、知っていそうで意外と知らない技能章取得のプロセスを理解する事が目的です。
    市川一団からは、韓国から戻って以来、進級に目覚めた?太田くんが参加しました。

    ファイル 152-1.jpg「生魚の腐敗防止加工」
    アジを2枚におろし塩漬けにして一夜干しを作りました。
    作った一夜干しは翌日の朝食のおかずとして美味しく頂きました。

    ファイル 152-2.jpg「30人前の非常応急炊き出し」
    メニューは「ご飯と豚汁」です。
    炊事章細目では計画書の提出のみとなっていますが、当然実際に作ります。
    計画する事と実際にやる事の違いを実感した事で、計画の不備を発見する事ができました。
    作った炊き出しは、その日の夕食になりました。

    ファイル 152-3.jpg「簡易濾過装置の製作と滅菌処理」
    ティッシュペーパー、木炭、砂の3つだけを使い、ペットボトルの濾過器を作りました。
    左端の泥水が水道水と見分けがつかない程綺麗に濾過されます。
    この後、濾過した水を煮沸滅菌処理をしてミネラルウォーターと飲み比べをしましたが、見分ける事が出来たのは6人中2人だけでした。見た目も味も完璧です!
    ※この実験は使用した材料等の安全を確認した上で行っています。川の水等には生活排水による科学物質が含まれている事が有るため、濾過滅菌しても飲む事は出来ませんので、絶対にマネしないでくださいね。

    ファイル 152-4.jpg「樹木の違いによる燃焼差の検証」
    松、竹、桜、栗、杏の5種類の樹木を使い、火の付き具合や火力、火持ちの良否を検証しました。
    理科の実験の様な緻密なセッションにスカウト達も興味津々です。

    ファイル 152-5.jpg「小麦粉を用いたツイスト」
    昼食を兼ねてボーイスカウトの定番非常食「ツイスト」を作りましたが、水分が多すぎて全員手がベトベトに・・・
    まだまだ修行が足りませんね・・・

    この他にも、非常食の扱い方や成長に必要な栄養素についての講義、キャンピングストーブの使い方、レポートの書き方等のセッションが行れ、書いたレポートはその場で考査員が確認を行い、細目毎に修了の認定が行われました。

    アイコン韓国派遣  ~帰国~

    ファイル 132-1.jpgただいま!
    定刻より10分程遅れましたが、無事に韓国から帰国しました。
    これから、報告書を作成し日本連盟に提出した時点で派遣終了となります。
    詳しい報告は、キャンプ報告会で行いますので、お楽しみに!

    この後、本人の希望で「夏のお泊り会」から帰って来るカブ隊を出迎える為、本部へ向いました。
    リーダーとしての自覚も、チョットだけ出て来たみたいです。

    ページ移動